ブログ

みすゞさんの詩に初夢の宝船の絵のことが…

先日、宝船の枕絵のことを解説したときに、元日に「お宝~ お宝~」といって売り歩く人がいたことを書きましたが、みすゞさんの詩にそのことをうたった詩があります。仙崎でもみすゞさんの時代そんな人がいたのでしょうか?

以下にその詩をご紹介します。

ゆめ売り

年のはじめに
ゆめ売りは、
よいはつゆめを
売りにくる。

たからの船に
山のよう、
よいはつゆめを
つんでくる。

そしてやさしい
ゆめ売りは、
ゆめの買えない
うら町の、
さびしい子らの
ところへも、
だまってゆめを
おいてゆく。

(金子みすゞ童謡集「明るいほうへ」より)
宝船2.jpgのサムネール画像

お問い合わせ
メール:misuzu10@woody.ocn.ne.jp
FAX:0837-26-0014
LINE:QRコードより友達追加をしてLINEでご連絡ください。


ページ上部へ戻る